CA3H00840001.jpg

CA3H00970001.jpg

CA3H01100001.jpg

CA3H01060001.jpg

CA3H01050001.jpg

CA3H01090001.jpg

CA3H01070001.jpg


CIMG1109(2).JPG

桐生 005.jpg


本庄 003.jpg




CA3H01010001.jpg

CA3H01030001.jpg

CA3H01020001.jpg



CA3H00950001.jpg

CA3H00960001.jpg

166337_10150132295531399_723886398_8390905_5121859_n.jpg

CA3H00930001.jpg

CA3H00940001.jpg


180668_186268791397178_100000421753703_553197_4985335_n.jpg


110103_2152~010001.jpg

166307_1818033213045_1306568512_32134541_5227389_n.jpg

CA3H00880001.jpg

CA3H00910001.jpg

33818_176751135697266_100000871415394_373206_6277416_n.jpg

CA3H00850001.jpg

ReadMore>>>


CA3H00860001.jpg

ReadMore>>>


CA3H00830001.jpg

CA3H00810001.jpg

CA3H00820001.jpg


CA3H00780001.jpg

ReadMore>>>


CA3H00740001.jpg

CA3H00760001.jpg

CA3H00750001.jpg


CA3H00510001.jpg

CA3H00730001.jpg

CA3H00690001.jpg

CA3H00710001.jpg

CA3H00670001.jpg

ReadMore>>>



CA3H00640001.jpg

CA3H00560001.jpg

CA3H00630001.jpg

CA3H00620001.jpg

CA3H00520001.jpg


CA3H00610001.jpg

饒舌と舌足らずは仲良くなれるかについて



 昔から、サイレントリーなものに惹かれる。村上春樹の小説に出てくる主人公の30代独身男とか、SILENT POETSとか、DOOBEEISの新しいアルバムなんかがそれだ。落書きも、そういった意味で優れたものの中の一つだ。書くときも見るときも大きな音なんかが出ないし、説明も付されていないし、ありがたいことにメッセージが添えられていないことの方が多い。Just writting the name.落書きかくあるべき。こと東京においては、大阪なんかと比較すると、ボムのカラーリングは葬式みたいに暗い。とても素敵だ。
 
 個人的には、舌足らずの人といると、なんとなく居心地が悪い。多分、相手と自分との役回りが重なってしまうからだろう。それでも、昔の学校の友達と話をしていて、哀しい気持ちになることもある。それは、昔の話と、仕事の話と、風俗についての話だ。昔から、話題はこの三つに限ると規約で定められていたのかもしれない。どうでもいいことだが、組み合わせで言えば6通り(3×2×1=6)だから、二時間ぐらいはもつだろうか。

 ミシェル・フーコーは沈黙について、次のように語っている。「沈黙は、人と関係を持つのには、ずっと興味深いやり方であるはずです。・・・沈黙は、不幸なことに、われわれの文化が捨て去ったもののひとつだと思います。私たちは、沈黙の文化を持っておりません。さらに言えば、自殺の文化も同様に持っておりません。日本人はその文化を持っていると思います。」
 

CA3H00590001.jpg

image.jpg

CA3H00570001.jpg

CA3H00530001.jpg

CA3H00540001.jpg

CA3H00460001.jpg

CA3H00500001.jpg

CA3H00470001.jpg


M ¥ A
I am MYA